◆ T-bird BLOG ◆

591

移転して1ヵ月が過ぎ、今年もまたゴールデンウイークを向かえる暖かい季節がやってきました。
驚いた事に今回各地から帰省された方々も、店の移転情報をキャッチしてもらっている様子で、この新店の方へと足を運んでくれておりました。
本当にありがとうございます。
何ぶん新転地ではまだまだ新参者ですので、見知ったお客様の来店は心強いかぎりです。
商品の方もすでに遅滞なく入荷するようになり、流通状態も通常にもどりつつある、と言ったところでしょうか。

それにしても本日は暖かい。
寒暖計を覗いてみると、なんと『24℃』。
Tシャツでもいける。

このまますんなりと初夏へと突入してほしいとせつに願う、そろそろジョギングを始めた私なのでありました。



店の前の花壇では、かの有名なチューリップが可憐な花を咲かせておりました。


今年も元気に、そして大きく葉を広げてくれました。

昨年あたりから、今年の春先は全員もっと大きな鉢に植え換えをしてやろう、と考えていたのですが、思いも寄らない出来事が続々とおこり、すっかりとその事を忘れ去ってしまっていたのです。
しかし、それでも、なんとかこの春の陽光を受けてすくすくと育っていてくれました。すばらしい!
中央に位置するハゼの木はもう家にきて4年目になります、3年に一回は植え換えと聞いていただけにやや気が引けます。
来年こそは絶対に植え換えてやらなくては・・と決意しているところです。


奴を初めて目にしたのは昨年の事でした。
プラスチックのマル管を突きるその姿には雄々しささえ感じてしまうのは私だけなのでしょうか?
えっ私だけ、あっそうですか、それは失礼いたしました。

どういった経路でこうなったのかは定かではありませんが、おそらくそのマル管は電柱を支える鉄製のロープをカバーしていたものと思われます。
ひょんな事から丁度そのマル管の中へと突き進む事となった奴は、誰にも邪魔される事無く真ん丸に輝く天上を目指してすくすくと育ったに違いありません。
そしてとうとうそのマル管の頂点を征したのであります。
そしていまや、かつてあったであろう鉄製のロープが朽ち果て無くなってしまった状態でも自らの体力によって垂直に立っていられるまでに成長したのであります。
そのうち、そのマル管を持ち上げ、そして粉々に引き裂くまでに成長を続ける事でしょう。楽しみです。

ただ、近所のお父さんか誰かが、さらりと伐採してしまわなければ良いのですが、ちょっと心配です。
移転してから、早いもので20日が過ぎようとしています。
私達も徐々に新しい環境にも慣れ、以前のような落着いた心境で仕事ができるようになりました。
例の駐車場問題も解決し、段差に腹を擦る車もなくなりホッとしているところです。



新店内は、旧店内と似た雰囲気で造作してもらっていますので、多分なんの違和感もなくとけ込めるはずです。
漂う空気も温暖になり、それにともない春の商品もがっちりと揃い出しています。

まだまだ余震の続く不安定な日々がくり返されていますが、お客様のなかには笑顔も見えだすようになりました。
青森県人、八戸人の強さなのでしょう。

節電しながらひっそりとオープンして3日目。
流通も復調し始めたこの頃に、被災地復興支援のためのチャリティーTシャツが到着しました。





現在はほぼ完売でありまして、追加発注中であります。
プライスの\2100はもちろん発注の時点で全額寄付させて頂いています。

それぞれ手を取り合い、頑張って行きましょう。
3月26日(土)オープン致します。





心ばかりですが、一万円以上お買い上げのお客様にはオリジナルイージーバッグをプレゼント。
また入荷次第、被災支援のためのTシャツを販売したいと考えています。

※東日本大震災早期復旧のためにも、旧店舗同様節電をしながら営業していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ティーバードスタッフ一同
ここ鳥屋部町での13年間、本当に御世話になりました。
そして、ありがとうございました。

鳥屋部町での長い日々を振り返るとやはり八戸地方の祭り「三社大祭」にあたります。
この場所は店の真ん前を全ての山車が通るベストポジションでありました。
その祭りの日はこの界隈の洋服屋連中が店を休んでここティーバードの駐車場に集合し、みなさんで持ち寄ったたくさんの惣菜をつまみに昼間っからビールを飲み、そして祭りを楽しんだものです。
その時期が巡ってくれば、きっと懐かしさが募って来る事でしょう。

ここ鳥屋部町での営業は3月21日(月)、本日までとなります。
22日、23日、24日、25日は移動日となっておりまして、この4日間は店休とさせて頂きます。



26日(土)から、こちら青葉町の店舗でいつも通りの11時30分より営業致します。
ただ、ここ八戸はあの大きな震災よりの復興に着手したばかり、もちろん私達もいままで通り節電しながら、そしてさりげなく営業を始めるつもりでいます。
物流も徐々に回復をみせており営業所まで足を運べば商品の発送、及び受け取りも可能になって来ています。
これから先、長い年月を経て八戸がしっかりと復興して行く事を願いつつ私達も努力を重ねて行きます。
これからもどうぞよろしく御願い致します。

3月26日 11時30分 オープンです。

ティーバードスタッフ一同
震災から1週間が経った現在においても東北及び関東各地は未だ厳しさのなかにあります。
連日のテレビ報道はその先の見えない闇の中の現実を画面いっぱいに映し出しています。
個々の悲しみの深さはとても計りしれるものではありません。

電話がつながるようになったここ数日、日頃お世話になっている各メーカ-さんより私達に対する励ましの言葉、そしてまた恩情の想いをたくさん届けて頂きました。
折れそうな心を力強く支えて頂き、感謝の気持でいっぱいです。ありがとうございます。



また、都内のあるメーカーさんからお話を頂き、被災地復興支援の為のTシャツを作ろうと言う事になり、私達も微力ながら参加させて頂く事になりました。
こちらはそのTシャツ売り上げの100%、そう、すべてを寄付すると言うものです。
思いっきりのすごい方々です。早々に出来上がってくるはずです。



節電で暗い中での営業にもなれ、これからの事をあれこれと思案中です。そしてこんな大変ななか店を尋ねて来てくれる方もひとりふたりと見え始めています。
またネットで御注文してくれる方々にも大変助けられ感謝致しております。発送はやや遅れてしまいますが責任をもってその商品を確保し責任を持って発送したいと考えております。
一歩一歩、元の立ち位置に戻る事ができるように努力していくつもりです。

がんばれ八戸!がんばれ日本!
地元八戸及び、こんな,社会全体が大変な時ですが、私達は移動の為の準備に取り掛かからなくてはなりません。
できる事ならこのままでいるのが今は賢明な事なのかもしれませんが、現在の店の契約が3月いっぱいとせまり、選択としては一歩前に踏み出すしか方法が見当たりません。



残り少なくなった、現在の店鋪での営業は、移転先の工事が順調に進む事が前提ではありますが、3月後半までとなる予定です。
(消防検査等、なんらかの事情により延びる可能性もあります)

現在、節電の為に店内は暗くなってはいますが、その時まで通常営業するつもりでいます。
どうぞよろしく御願い致します。


地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を願っております。

ティーバードスタッフ一同

今朝がた早朝、ここ八戸地方もやっと電気が通りました。
電気の有り難さを痛感するとともに、その通電により目にしたテレビの画像に愕然としてしまいました。
真っ暗な所でラジオのスピーカーから流れていた情報を、いざ視覚として捕えてみると、その凄まじき光景に言葉を失ってしまったのです。
とても現実とは理解しがたい、ありえない状況が画面いっぱいに広がっておりました。

この先がまだつかめません。
どうなって行くのか解りません。
かつて無い経験に戸惑いをかくせません。

しかし前に進まなければなりません。



私達も頑張ります。
奇跡的に積雪の無い今年の八戸地区。
いつかはどかんと大きなやつが来そうでいてなかなか来ないこの不安定な空模様と、それがやっぱり来て欲しくは無い心模様。
日中、太陽が燦々とさして暖かくなったと思ったら夕方には気温マイナスと言った、異常な寒暖差。

先の読めない3月から4月。

先の読めないこの季節にやっぱり場所を動こう、と思っています。



馬場町で最初にオープンした頃の懐かしいティーバード。
写真を探したのですが、すぐには見つからず、つたない絵にて失礼。
店内は6坪と、かなりせまかったけれど皆さんにとても愛された店でありました。
もちろん私にとっても愛着のある空間であり、また、石油ストーブで一酸化酸素中毒になったりの思い出深い場所でもあります。
その馬場町にて10年間居座り、移転、ここ鳥屋部町に移って来たのであります。
そして早いもので、気が着くとあれから13年が経っておりました。









そんな感傷的想いを胸に抱くと、普段何気なく仕事をしている、この今の空間の隅々までが愛おしく思えてきます。
漆喰の幾何学的形状や古レンガの歪な並びがいい味を出してくれています。
床板のやれ具合は長い年月が作り出した芸術であります。

ううううううううーーーーーーーーん、どうしようっかなー。

しかし、大きな駐車場がある方がやっぱり・・・いいに決まってるよなー。

と、心を鬼にしている私なのでありました。
あれあれ、店内に差し込む日射しが妙にやわらかい。

この黄色い陽光感はどうみても4月のものではないか。私は玄関先にある寒暖計を眺めてびっくり、その100円ショップでゲットした寒暖計は立派に14℃と言う、とんでもない数字、ありえない数字をたたき出していた。
普通ならこの厳寒期は日々0℃以下がほとんどで、たまにちょっとだけプラスに転じる事があるくらい。
これはかなり珍しい。

玄関先を照らす光も力強さを感じる。
もうすぐあのあこがれの春がやってくる・・かも・・いやいや、それはない。
油断は禁物。暖かいこの春の様な陽気にだまされてはいけない。
絶対に鬼の様なドカ雪があとひとつふたつはやってくるはず。

だけど・・・それにしても・・・暖かい。



その幻影的陽光に誘われ久々に見上げた空は、最近目にした事も無い程に真っ青だ。
と、ジェット機が気持良さそうにまっさらの青空にシュプールを描いているではありませんか。
あまりの見事なコントラストに・・絶句。

どうやらここ北国にも春が、もう、すぐそこまでは来ているようですね。

フェイントじゃ無ければ!
出張続きの昨今ですが、空き時間にアンティークショップ巡りをするようになってからはすっかりと慢性的な疲れを感じなくなって、新幹線最終時間ギリギリまであちこちと動き回っている私なのです。
今回ももしも時間が空いたら、ハットなどかけるハンガーラックを探しに行く予定であります。
が・・・・・。


なんてこったい、東京、雪ではありませんか。
テレビではたまにちらちらと雪が降って、道行く人々がすってんころりん転んでいる所を目にするのですが、実際こんなに雪がある東京は数十年ぶりの体験。
しかも、なかなか寒い。タイツを履いてきて良かった良かった。


ひえーーーーっ、ここはまたすごい。
「原宿幼稚園」の中庭、あたり一面真っ白ではありませんか。
足跡ひとつない新雪の状態ですね。あまりにもきれいだ。
だけど子供達は今日やすみなのかな?ここで遊べばきっと楽しいと思うんだけどなー。
だれもいないのは・・・もったいない。


本日のお悩みファニチャー。

八戸と変わらない寒さ、と言えば嘘になりますが、案外風が冷たい。
その、思いも寄らぬ寒気に耐えながら再び空き時間に探し当てたビンテージラック。
イイ味だしてはいるのですが大き過ぎるような・・・値段も思っていたよりは・・・
と言ったところです。

もう少しじっくりと悩んでみましょう。
そして今回は、しっかりと展示会、把握してきたつ・も・りです。


そろそろ洋服の展示会出張が続く時期がやってきました。
ドメスティックでは盛夏展ですが、インポートではすでに冬物、ダウンジャケットなどの発注になります。
今現在、それらは現役で店にならんでいるだけに先の長いお話でありますが、しっかりと吟味してくるつもりです。

「今度の出張、時間があったら玄関ランプを見て来て欲しいんだけど・・・」
極めて辛辣な命令口調ではありませんか、しかし、もちろん私は「はい、かしこまりました」と二つ返事。

そして、久々の目黒通り。
前回この通りを訪れたのは、確か5、6年前だったかな、とにかく久し振りな感じでなんだか懐かしささえ覚えます。
山手通りから入り、アンティークショップを一件一件時間をかけて見て回ります。これがまたなんとも言えない至福の時間ではありませんか。
アメリカ出張が無くなって早4年、鬱積していたバイヤーとしての感情がずんずんと表に出てきそうな勢いです。
「元気ですかーーーーーーーー!」


「おおーこの手摺かっこいいなー」
この鉄と木の融合がなんともイイ味をかもし出しているではありませんか。
これっていくらするんだろう、安かったらなんか欲しいなーー。


「おおーこのベンチもかっこいいなー、このやれ具合がなんともいい」って。

ランプだったランプ、私はランプを探す使命を受けてこの目黒に来たのでありました。
すっかりと忘れておりました。どれどれしょうがない、いやいやしょうがなくない、
しっかりとランプを探すとするか。

実に、私は5時間をかけてあちこちを捜しまわり、そして楽しんだのであります。








このへんあたりはなかなかいいんじゃないかな、取り合えず写真を撮らせてもらって後で吟味して選んでもらいましょう。

と言う事で、この中のひとつがめでたく採用決定となった訳であります。
さあ、どれでしょうね、そのうちどこかの玄関を明るく照らしている事でしょうね。
乞う御期待!!

実は私、このアンティークショップめぐりの為に展示会をパッパッと足早にこなしてしまったのでありました。
頭の中にはたくさんの家具がざわざわと浮んではきますが、肝心の洋服の方がまったく浮んで来ません。
展示会って何処行ったんだっけ・・・。
これではいけませんね・・・・どうしましょ?




店の前の駐車場と歩道の段差。
これが何とも曲者でありまして、かつて、数々の車達を悩ませてきた代物であります。
4WDなどの車高のあるものはなんともないのですが、少し車高が低いとガリガリッと腹をする事になる訳でありまして、これがまた申訳ないのであります。
何度か、この状況を改善しようと市に掛け合ってもらったのですが却下。

仕方なくこのまま・・・数年が過ぎ去ったのであります。

そして今年、とうとう一念発起、思いきって移転を視野に休日をつかってあたりを散策。
条件としてはやはり段差なくフラットで、しかも今よりもやや広い駐車場のある事。
そんな好条件な場所はやはり繁華街には無く、やや郊外へと足を伸ばしてみたのであります。

そんななか、ググッと一件の建物に引き寄せられたのです。
そして早々に管理の方に中をみせてもらったのであります。



建物内に足を踏み入れると、窓辺に何やら見慣れない物体がふたつ。



近付いてみてびっくり!
コウモリのつがい、しかもミイラ化しているではありませんか。
私は、確か小学生だった頃に近所の洞窟にコウモリ取りにいって、取ったコウモリにほっぺたを噛まれて以来のコウモリ目撃。
良く見ると2羽ならんでいる・・・なんか憎めない情景。

帰ってこの出来事を話すと、なんとコウモリは幸運を招く存在との事。

「それはものすごい巡り会いでは・・・・・・・・ここにする?」

心がグラグラとゆれ動いている、年と共に信心深くなった私なのでありました。

とある昼下がり。
合鍵を作る事となった私は、沼舘地区にあるホームセンター「サンデー」へと足を伸ばした。
大型の駐車場に車を止め店内へ、カギを作ってくれるコーナーへと向い注文。
「10分くらいお待ち下さい」
スタッフのその言葉に店内をぶらぶら・・・・と、向こうから見知った顔がひとつ。
市内で子供服のショップを営むM氏。
昨年の夏に東京駅で会って以来の再会、懐かしさのあまり雑談!
「それじゃあまた」
と別れた私の目の前を美容師のA夫妻が通りかかった。
「おおー久し振りだねー」
彼とは1年前の冬に本屋で会って以来の再会、そしてしばし雑談。
「それじゃあまた」
と別れてカギの仕上がり具合を確かめようとカギコーナーへ向うと、なんと向こうから元スタッフのTOMOちゃんが。
「おおー元気、今ヨガの先生してるらしいけどどうなのー」
としばし雑談。
結局30分余りの時間を費やしてしまった。

店に戻って午後の6時を回った頃。
すっかり日も沈み冬の闇がすでにあたりを支配していた。
静けさの中、無造作に玄関ドアが押し開けられた。
「おおーお前、カントク、カントクじゃねーか」
「へへっ、どうもお久し振りです」
かれこれ2年ぶりの再会。
以前、ハーディーガ-ディーカンパニーでシェフをやってもらっていた男で、現在はオーストラリア人の嫁をもらい、オーストラリアに住んでいる。
ちなみに「カントク」は単なるあだなであります。ベタではありますが本名を黒沢といいます。悪しからず。

そこへ普段はめったに顔を出さないアツシ登場!


「おおーカントクじゃあないですかー久し振りですねーなんでここにいるんですかー」
あまりの突然の出来事にアツシの矢継ぎ早の質問が飛ぶ飛ぶ。

私は思った。
「今日は、いったいどうしたと言うのだ。なにか不吉な出来事の予兆か、それとも私の命の灯火が今日明日尽きようとでもしていると言うのか。
とにもかくにもこんなにも偶然が重なるなんてそうは無い。えーーーーい、悪魔よ立ち去れーーーーーーー!」
バタバタバタバタバターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
と言う事で、何事も無く嬉しい再会。



今回、彼等は長期の休暇をとり来週にはロサンゼルスに飛ぶそうだ。
次に南米ブラジルに向い、最終ニューヨークと言った長丁場らしい。
ニューヨークではよっちゃん(コラム登場あり)の鮨屋によって、ティーバードにつけて食ってくると言っていたが、それもまた面白い。わざわざ集金にでも来てもらおうか。
「しょっすーじゃ!」
日本時間午後4時あたり、きっとよっちゃんからそんな電話が来るに違い無い。

ナタ-シャ&カントク、体に気をつけて良い旅を!
「おおーーこれはすごいーーまだあった!」
思わず感嘆の声が私の口から飛び出した。

市街地から海沿いへと向う途中、河口をまたぐ古くからの橋が3本ある。
その3本のまん中の橋を久し振りに渡ろうと車で走っていた私の目の前に、その光景が飛び込んで来たのです。
この道、時として通ってはいたのですが、そこにあるいつもの風景として脳が捕えている分、それ程気にも止めずに通り過ぎていたのでしょう。
今回はたまたま信号にひっかかり、そして横に目をそらしてその偉大な存在に気付いたのであります。


この建物は何十年と言う歳月をこの場所でやり過ごして来たのでしょう。私が初めてこの建物を目にしたのは、確か私がまだ高校生の頃でした。
そう、約30年以上も前になります。
その時はまだ数人の居住者がいて建物1階の左側にある引き戸の縁ではおじいちゃんと呼んでいいくらいの老人がひとり、ポツンと日向ぼっこをしていた記憶が甦ります。
ただ、建物は当時からこのような古びた印象で今とそれ程変わらない様にも思われます。
自然のグラデーションを駆使したこの色使いはまるで芸術、絵画の様ではありませんか。ガラスケースにでもしまっておきたい風景です。
どうやら今では住人の存在は見受けられません、残念です。


そのレトロ長屋の隣にある自転車屋の風景です。
多分、こちらも同年代の建物に違いありません。もちろん今では廃墟と化していますが、ほのぼのとした雰囲気だけは未だに力強く残っています。
玄関脇のポスターは「タッチ」のみなみちゃんかな。
手前にある、車輪のはずれた真紅の自転車が印象的です。

肩の力を抜いたひっそりとした存在感、なかなかたいしたものです。
新年明けましておめでとうございます

皆様は爽やかな新年をお迎え出来ましたでしょうか。
もしかして・・・飲み過ぎて脳天がズキンズキンてな事、十分ありえますよね。暴飲暴食には気をつけましょう。

元日、八戸地方は風速31、2メートルと言う物凄い強風にあおられておりました。
家は地震なみにゆらゆらと揺らぎ、屋根は今にも何処かに飛び出して行きそうな勢いでありました。
そんな過酷な自然環境の最中、私はいつものように初もうでへと出掛けたのであります。


普段はあれだけ混み混みで遅々として車の進まないこの市場通りも本日はすんなりとスルーできました。
また、こんなにも閑散としすぎた景色はピンポイントでこの日だけでしょうね。


蕪島神社はこの強風のためにたなびく大漁旗も無く取り囲む海は大荒れ、そのためいつもより人波の方は少ないようです。


吹きさらす雨風をものともせずに、ひとりお父さんは火の見張りをひたすら頑張るのでした。御苦労様です。
あなたの様にこの1年、私もひたすら頑張りたいと思います。
そして、今年はム-ブ、そう、動きのある年にしたいと考えております。思わせぶりなニュアンスですが、物事がいろいろと決まり次第このブログでお知らせして行きたいと思っております。
どうぞお楽しみに!

本年もどうぞよろしく御願い致します。

ティーバードスタッフ一同
師走の喧噪の最中、私はふと思い立ち、ある所に向った。

そう、八戸・蕎麦の名店「おきな」。
いつだったか定かではないが、MOJの現役天才ボクサー大地が紹介していた「たまごとじ蕎麦」がどうしても頭を離れず、ぜひとも食してみたかったのです。
「おきな」に20年以上通っている私なのですが、その、たまごでとじた逸品は一度として口にした事はなかったのです。
そして・その・・・小さな念願を叶えようと向ったのであります。

おおーー、これは思っていた以上にふわふわたまごがダシのよく効いたスープを吸収してはプカプカ漂う具合が食欲をギンギン刺激する。
ヒャッホーーー、私は小さく叫んでしまっていた。なぜなら、周りのお客様の御迷惑にならないようにであります。

大地の言う通りだった。これはうまい。極うまスープを吸ったたまごは口の中でとろけてはのどをスルーして行き、腰のきいた蕎麦は刺激的にのどをスルーして行く。
これはたまらないうまさだ。
「しんちゃん、うまかったよ、今年の〆に相応しい味だった。ありがとう」

「そう、それは良かった、まあ、料理の鉄人と言われる俺様にとっては普通の事なんだけどね。タバコは止められないけど、ニコチン・タールは控え目にしているよ、パチンコも日曜日だけだよ、最近老眼が出て来たけど、よろしく! あっそうそう、蕎麦粉でプリンを作ってみたけど食ってみる」

おおー、美しいプリンではないか。まるでしんちゃんの前掛けの上からプルンとはみ出している小腹のようにプニョプニョと柔らかそうだ。

「いただきまーーーーーす・・・・・・・うん、うまい!」


となりの「ソウル・ブランチ・カフェ」へも今年最終ちらりとお邪魔。
たくちゃんもみつえさんも元気そうでなによりです。

2010年もそろそろ終わりを向かえます。
皆様の御蔭をもちまして今年一年難無く過す事が出来た事を感謝致しております。
皆様が穏やかな年末年始を過す事が出来ますよう心より願っております。
ありがとうございました。来年もどうぞよろしく御願い致します。


              ティーバードスタッフ一同


*新年は1月2日(日)、11時オープンとなります。
 目玉としてはやはり福袋、「ジョンブル」、「ティーバードオリジナル」はもとより、今回は「オムニゴッド」が初参加の運びになっております。どうぞお楽しみに!



店の前にある駐車場は車3台も止まればいっぱいになってしまうので、土日は歩いて2、3分の近場に借りてある他の駐車場へと私の車を移動します。
車1台分のスペースが空くだけでもゆったりとした使用感があるので乗り降りには楽ですね。

その少し離れた駐車場に車をおいて徒歩で店に戻る途中には、この「まつりんぐ広場」があります。
ここは八戸の夏祭り「三社大祭」のメインである「山車」を保管するための巨大な格納庫があり、その中には常時3台の「山車」か格納されています。
屋根つき大型ベンチや子供達の遊具や砂場なども揃えた市民の憩いの場、と言ったところでしょうか。
ちょうどこの広場のレンガ畳をトコトコと歩いていると、何やら黄色いドット状のシルエットが目に入りました。
何だろうと思い、私はその方向を目指したのです。

あれだ、あれは、もしかして・・・。
ここはいつも通る通り道だけどあんな所にあんな大きな木があるなんて知らなかった。
見ているようで実は現実の有り様を見てはいない、雰囲気ではつかんでいるものの細かい所までは案外なんにも印象的記憶としては残っていないのかもしれません。
昨夜の食事の内容なんかもあやふやですぐには思い浮ばない私にとっては増々致命的です。

おおーすごい!途方も無い数のカキではありませんか。
こんな街のまん中でこんなに無数のカキの実がなっているカキの木があるなんて奇跡的な風景です。
しかもすでに12月も中旬、そろそろもがないと凍ってしまうかもしれません。
もったいないのでカキ好きの方がいれば、どうぞ勝手にもいでいってほしいものです。
   って、私の物ではありませんけどね、悪しからず。

柿食ふや 遠くかなしき 母の顔 (石田 波郷)

おかあちゃんは元気でやってるかなー!
目まぐるしい時の渦にぐるぐると身をまかせている間に、既に12月・・・早いものです。
本日はピリリと肌寒いけど、なんだか今年は全般的に暖かい。12月に入っているにも関わらず、15℃とか14℃とか、10℃を超える日がある。
夏が猛暑の場合は冬が寒い、とテレビの気報予報士先生が言っていたのだが・・・やはり温暖化は否めないか。


そんなゆるーい空気の中、久し振りに「八食センター」を訪ねてみました。
「八食センター」とは、海から山から各種料理から八戸のあらゆる「食」をひとつに集約してある、言わば、八戸・食の殿堂であります。
大型バスでやって来る観光客も数多く、いついっても混み合っている場所のひとつであります。

市場通りは相変わらずの混み様です。それも師走とあれば普段の倍は入っておりました。
この写真の付近はがらりと空いているように見えますが、それは私がカメラを構えた瞬間に目の前にいたみんなが何処かへさっと隠れてしまったからです。
ごちゃごちゃに混んでる様子を収めたつもりでいた私の方がこれにはびっくりしてしまいました。
カメラを構える時は気をつけなければなりませんね。

私の行きつけの食堂「勢登鮨」。
私は八食に来るとほぼこの「勢登鮨」で食事をします。なぜなら安くて早くて威勢がいいからです。

本日は勢登ラーメンセット。
この異色のセットは他の地方ではほとんど見た事がありませんが、ここでは極普通にメニューに載っています。
この他にも数種の鮨ネタセットが揃っています。新鮮な鮨をつまみながら昔ながらのラーメンをすする、これがまた結構合うのです。
ある親しいメーカーさんなどは八戸出張の折り、必ずこのセットを注文します。少なからず私はその方の影響を受けていると思われます。
さらりとこれらを片付けた私は、この店の玄関先で売っているお惣菜の中から「イカゲソフライ」「鶏とダイコンの煮付け」そして「焼そば」をゲットしました。
超うまの「イカゲソフライ」はワンパックなんと100円、感動のロープライス。

当然夜はこの「イカゲソフライ」でビールをクイッ!
この「イカゲソフライ」かなりいける。
ケチらずにもうひとつ買って来ておけば良かったと、悔しさに泣き濡れながら2本目のビールに手を出した私なのでありました。